Googleアドセンス審査に通らなかった私が7回目で合格した方法

グーグルアドセンス
 
ひろ
読者が理解できるポイント
  • Googleアドセンスの審査で用意するものを知りたい人
  • 審査に通るために行う事を知りたい人
 

 

Googleアドセンスの審査に、なかなか通らない人もいると思います。

私も7回目で審査で通ることができました。

Googleアドセンスの審査は、方向性を間違わなければ誰でも通ります。

この記事ではGoogleアドセンスに通るために必要なポイントが書いてあります。

誰でも簡単に理解できるように書いてあるので、是非読んでください。

 

 

 

Googleアドセンスとは

GoogleアドセンスとはGoogle社が提供するブログ運営向けの広告配信サービスです。

Googleアドセンスの審査が通過すればブログにGoogleアドセンスの広告を掲載することができます。

運営するブログが広告主とユーザーにとって、有益な情報であるかを判断する審査基準になります。

Googleアドセンスの審査には、有益な記事を審査に出しましょう。

 

 

Googleアドセンス詳細記事

[図解で解説]Googleアドセンスの収益の仕組と収益の計算方法

 

 

 

Googleアドセンスの審査に用意するもの

Googleアドセンスに申し込むために、以下のものを用意する必要があります。

  1. 独自ドメインのウェブサイト
  2. プライバシーポリシー
  3. お問い合わせフォーム
  4. 運営者情報

 

 

 

独自ドメインのウェブサイト設定

Googleアドセンスの設定をする時に無料ブログでは申請できません。

そのため独自ドメインを取得してからGoogleアドセンスの申請をする必要があります。

Googleアドセンスを始めるためには独自のドメインのウェブサイトや独自のウェブサイトが必要です。

 

 

 

 

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーとは個人情報保護方針の意味です。

ウェブサイトサイトを運営するにあたって、取得した個人情報をどのように扱うか記載した文章の事です。

ブログには多くの個人情報が集約しているので、ユーザーの情報は漏洩しないよう管理しなければいけません。

 

ブログには以下の個人情報が集約します。

・Googleアナリティスクの解析ツールを使用するとユーザーの住所が解る。

・問い合わせやコメントからハンドルネームやメールアドレスが解る。

 

ひろ

ユーザーとの個人情報に関わる問題が発生する恐れがある為プライバシーポリシーの表明が必要なのです。

 
 

 

 

 

お問い合わせフォームの設置

お問い合わせフォームの設置を行うことで、ユーザーからの質問を受ける事ができ信頼できるサイトだと認識させる事ができます。

Googleは信頼できるウェブサイトのみGoogleアドセンスの広告配信を許可している為ユーザーとの信頼関係は重要なのです。

その他にも報告主からオファーを受けることもあります。

 

ひろ

ブログで広告収入を得るには、お問い合わせフォームの設置は必ず行いましょう。

 

 

 

 

 

運営者情報の記載

ブログには運営者情報を記載しましょう。

運営者情報のを記載されてないブログは、審査に通りません。

運営者情報がなく情報だけを発信してるブログでは、ユーザーとの信頼関係が築けずに情報の信用に至りません。

 

ひろ
ブログには運営者情報を記載しておきましょう。

 

 

 

 

アドセンスの審査に私が7回目で合格した方法

アドセンスの審査に7回目で合格した方法を以下にまとめました。

  1. ユーザーにとって有益な情報
  2. 独自性のあるサイト
  3. 利用しやすい様にサイト
  4. 文字数と記事数
  5. Page Speed Insightsでページの読み込み速度を改善
  6. 404エラー
  7. Googleアドセンスの規約に違反

 

 

 

ユーザーにとって有益な情報

ユーザーにとって有益な情報がない記事は審査に通りません。

Googleアドセンスはあくまでもメディアや広告主を通して、ユーザーに認知してもらい商品を購入する事を目的にしています。

無益な情報の記事では、ユーザーに認知してもうばかりか、商品を購入してもう事は不可能です。

ひろ

ユーザーの視点にたち問題の解決に役立つ有益な情報を提示することが重要です。

 

 

 

独自性のあるサイト

サイトの独自性も審査の対象になります。

インターネット上には同じ内容のサイトが多数存在するのが現状です。

同じ内容のサイトばかりではユーザーに幅広い知識を与える事はできません。

Google側からしても同じないようのサイトばかり発信していても大したメリットが生まれず意味がないのです。

独自性を出すためには自分の実体験を取り入れる事です。

自分が経験して感じた内容であれば他の人には真似できません。

 
ひろ

実体験をもとに自分の考えを取り入れる事によりオリジナルの独自性のあるサイトが出来上がるのです。

 

 

 

 

利用しやすいサイト

ユーザーが利用しやすい様に、サイト内に画像や記事の構成を整える必要があります。

テキストリンクやブログカードを張り替える事で、ユーザーの離脱率を下げる事にも繋がります。

ユーザーがサイト内にいる滞在時間が長いほど有益なサイトだとGoogleに見なされるので、利用しやすいサイト作りは必須です。

ひろ

有益なサイトは収益を生むので、ユーザにとって利用しやすいサイトを目指しましょう。

 

 

テキストリンクとブログカードの詳細記事

SEO効果を高めるテキストリンクとブログカードの適切な使用方法

 

 

 

文字数と記事数

1つの記事につき1000~2000字を目安として記事数は10本は用意しときましょう。

審査基準は年々難しくなっています。

記事の文字数が1000字未満でしたら、情報量が少なくユーザーの視点からしても満足いく記事とは言えません。

記事数に関しては最低何本必要という情報はありません。

ひろ

古い情報に留めておかずに、リライトを行い新しい情報を継続的に発信する事で、ユーザーにとって有益なサイトに繋ります。

 

 

 

Page Speed Insightsでページの読み込み速度を改善

Page Speed Insights は自分のWebページのコンテンツを解析し、ページの読み込み時間の短縮方法を生成をサポートするツールです。
Google search consoleのウェブに関する主な指標にPage Speed Insightsのツールはあり、PCとモバイルの2つのページ速度を解析できます。
私の場合はモバイルが30で基準に達してなかったので、適切なサイズの画像と使用していない JavaScript の削減を改善して80まで数値を上げました。
 
ひろ

Googleはユーザーファーストを心がけています。

モバイルでも利用しやすいコンテンツを作りましょう。

 

 

 

404エラーの改善

404エラーとは削除されたページや、違うURLが登録された場合に発生するエラーです。
調べ方は自分のサイトのアドレスの頭にsite:と表記して検索すれば、自分のサイトに404エラーがあるか調べられます。
 
site:https://asakawa2.com/
 
404エラーのページはGoogle search consoleの削除で一時的な削除をすれば消すことができます。

Googleは404エラーも審査の対象にしているので必要のないページは削除してください。

 
 
 

Googleアドセンスの規約に違反

Googleアドセンスの規約に違反しているコンテンツでは審査に通りません。

以下が代表的な規約違反でGoogleパブリッシャー向けコンテンツに記載されてます。

    ・アダルトコンテンツ

    ・個人や集団を組織を誹謗中傷するコンテンツ

    ・薬物やアルコールやタバコに関すコンテンツ

    ・ハッキングやクラッキングに関連すコンテンツ

    ・報酬プログラムを提供するサイト

    ・Googleブランドを使用しているサイト

    ・暴力的なコンテンツ

ひろ

Googleは家族と一緒に見ても安心できるコンテンツを目指しています。

ユーザーにとって有害になるコンテンツを避けて、家族でも見れる常識のあるコンテンツを選びましょう。

 

 

 

 

まとめ

Googleアドセンスの審査に用意するものを乗せた上で、一番重要な事は独自性のあるオリジナルのコンテンツを充実させる事です。

オリジナルに至らない記事は非公開にして、自分の体験した役立つ情報を審査用の記事にして下さい。

必ず審査に通ります。

 

ブログの関連記事

[ブログの記事の書き方]早く書く為の3つのコツでスピードアップ

WordPressのCocoonに必要な最低限のプラグイン9選

 

 

 

 

グーグルアドセンス
最新情報をチェックしよう!