[内部SEO]クローラーを効率よく巡回させインデックスさせる方法

内部SEO
 
ひろ
こんな人におすすめの記事です
  • 書いた記事をGoogleにインデックスさせたい人
  • 自分のWebサイトの内部SEOを向上させたい人
  • クローラーを効率よく巡回させる方法を知りたい人

 

 

内部SEOを最適化にしなければ、Googleにインデックスさせることはできません。

最適化する事により、クローラーを効率よく巡回させ、インデックスさせることができ、検索エンジンに上位表示せることができます。

この記事では内部SEO対策を行いクローラーにインデックスさせる方法が書かれてあります。

誰でも簡単に理解できるよう書いてあるので、是非読んでください。

 

 

 

 

 

クローラーを効率よく巡回させる対策

クローラー対策をとることで、Wedサイトの情報をスムーズに収集する事ができ、結果としてSEOの向上に繋がります。

Wedページはクローラーがクロールしなければ、インデックスされないため検索結果には表示されません。

その為まずクローラーにページを読み取ってもらい、インデックスされる必要があります。

クロールのしやすさを「クローラビリティ」と呼びます。

クローラビリティを向上させる事で無駄なくクロールされ、ページがインデックスされる事でSEOに有利になります。

 

 

 

 

XMLサイトマップに登録する

XMLサイトマップとは、Wedサイト内のページのURLや優先度、最終更新日、投稿頻度を記述したファイルです。

クローラーは最初にXMLサイトマップを確認してから情報を収集します。

クローラーが自分のWedサイトを巡回してもらう為には、XMLサイトマップをGoogleが提供しているGoogleサーチコンソールに登録する必要があります。

登録しなければGoogleのクローラーを自分のWedサイトに呼び込む事はできません。

 

ひろ

XMLサイトマップの作り方はGoogleで「XMLサイトマップの設定」と検索すると情報がでます。

 

 

 

 

インデックスしてもらう為のサイト構造

使いやすいサイト構造とはトップページからサイト内のすべてのページに対して2~3クリックで到達できる構造です。

トップページからすべてのサイトにアックセスしやすいページ作りが重要です。

その為に必要な事は、Wedサイトがディレクトリ型である事とパンくずリストの設置です。

 

 

 

ツリー構造のサイトにする

ツリー構造とは1つのコンテンツの中に階層を分けて、コンテンツを配置して管理する構造です。

ツリー構造は、トップページからカテゴリーその先のコンテンツが、内部リンクで繋がってるので、クローラーがサイト内を循環しやすいです。

自分のサイトがツリー構造になっていなければクーローラが巡回出来ていない可能性があるので、自分のWedサイトの構造を確認する必要があります。

 

 

 

 

パンくずリストを設定する

パンくずリストとはページの上部に表示されるもので、ユーザーやクローラがWedサイト内のどの階層にいるのか解るリンク事です。

ユーザーやクローラーがリンクを巡回する際に、パくずリストのカテゴリを辿る事によって、回遊率が上がり、どんなページなのかを認識しやすくなります。

パンくずリストはSEOに有効なので設置しましょう。

 

 

内部リンクを最適化にする

内部リンクとは、外部サイトではなく自分のWedサイト内を行きかうリンクを示します。

内部リンクを最適化する事は、SEO対策を行う上で重要な事です。

クローラーはページ内のリンクを辿りながらページをインデックスしたり、その繋がりを判断してページやサイトを評価します。

内部リンクはユーザーだけではなくクローラーにとっても最適化した構造が望ましいです。

 

 

内部リンクの詳細記事

SEO効果を高めるテキストリンクとブログカードの適切な使用方法

 

 

重要なページには関連性のあるキーワードを設置する

重要なページに内部リンクを集める為には、不自然にリンクを集めるのではなく、ユーザービリティやコンテンツの内容を考えて、関連性のあるキーワードを設置しましょう。

クローラーはアンカーテキストとそのページの関連性も見ています。

例えば「こちら」や「詳細」などのテキストリンクを貼るのではなく、リンク先のページ内容に合うキーワードを含んだテキストリンクで設定しましょう。

 

 

 

内部リンクを正しく設置する

内部リンクがGoogleにどのように設置されているか、定期的にサーチコンソールから内部リンクのバランスを見て、重要なページに内部リンクを集めるようにします。

基本的にテンプレートで決まっている共通部分の内部リンク(ヘッダーやフッター等)は評価は低いです。

ひろ

内部リンクを正しく設置する事によって、クローラーがサイト内のすべてのページ内の情報を収集する事ができます。

 

 

 

 

見出しにはキーワード入れる

見出しにはキーワードを入れましょう。

クローラーが収集した情報を、適切にインデックスしてもらう為には、ページのキーワードや見出しが適切に配置されてる事が重要です。

見出しタグは検索エンジンに反映されるので、キーワードを入れることは必須です。

 

見出しの詳細記事

[SEO対策]ブログの見出しタグの順番とキーワードの正しい使い方

 

 

 

 

1ページ対して1つのキーワード

Wedページを作成する時は1ページに対し1つのキーワードに絞る事が重要です。

例えば「人気の店」と「不評の店」というキーワードを同一のページでまとめると、「人気」と「不評」で対照的な違うコンテンツになります。

Googleのクローラーからすると、何に対して言及されたページなのか解らなくなります。

それぞれのページに必要なキーワードをリサーチして最適なキーワードを選ぶ必要があります。  

ひろ
より正確にGoogleのクローラーに情報を持ち帰ってもらう為にも、「1ページ対して1つのキーワード」同一のコンテンツを一つにする必要があります。

 

 

 

 

まとめ

内部SEOを最適化することで、クローラーがWedサイトの情報をスムーズに収集する事ができ、結果としてSEOの向上に繋がります。

適切にインデックスしてもらう為には、内部リンクや見出しが適切に配置されてる事が重要なので、自分のサイトが適切に配置してあるか確認しましょう。

 

ブログの関連記事

【簡単】SEOで上位表示させる為のブログのリライトの3つの作業工程

内部SEO
最新情報をチェックしよう!