ブログのドメインの構造と種類【トップレベルドメインの基礎知識】

ドメイン
 
ひろ
この記事を読んで理解できる事
  • ドメインの基本的な構造や種類が理解できる
  • トップレベルドメインの基礎知識を学ぶ事ができる

 

 

ホームページやブログを作る際にドメインとは何?と知りたい人もいると思います。

私もブログを始める当初はドメインについて知りませんでした。

この記事ではドメインの種類とトップレベルドメインについて書かれています。

誰でも簡単に理解できるよう書いてあるので、是非読んでください。

 

 

 

 

 

ドメインとはインターネット上の住所

ドメインとはインターネット上の住所です。

例としてみるとhttps://www.asakawa2.comです。

赤字のラインの箇所がasakawa2.comドメインです。

 

ひろ
ドメインは自分の好きな英数字で決められます。またドメインは唯一のものであり同じドメイン名は存在しません。

 

 

 

 

DNSとはIPアドレスを変換したもの

DNSとは、インターネット上のIPアドレスを人でも解るよう変換させたシステムです。

ドメインを知る上でDNSを知れば、インターネット上の構造がより理解できます。

 

例えばこのような数字の羅列です。 「176.56.988.45」

 

しかしこのIPアドレスの数字の羅列だけでは認識が難しいです。

そのために人でも解りやすく英数字を表記した形がドメイン名になります。

 

例えば英数字で表記したドメイン名「asakawa2」

 

ひろ

インターネット上のIPアドレスを人でも解るよう変換させたシステムがDNSです。

 

 

 

 

ドメインの種類

ドメインには「独自ドメイン」、「サブドメイン」、「サブディレクトリ」の3種類のドメインが存在します。

 

 

 

独自ドメイン

独自ドメインとはプロバイダやブログ事業者から有料で借りことができる住所です。

独自ドメインのアドレスは自分で好きなように決める事ができ同じアドレスは存在しない唯一無二のものです。

 

 

 

 

サブドメイン

サブドメインとは独自ドメインを細分化して複数のユーザーに割り当てるドメインの事です。

独自ドメインとは別に複数のサイトを使用する時に使います。主に無料ブログで扱われてる形です。

「asakaw2.com」を独自ドメインとした時に

「〇〇〇.asakawa2.com」のように独自ドメインの前にくる〇〇〇文字列がサブドメインになります。

独自ドメインを家に例えるとサブドメインは分家です。

ひろ

サブドメインを運用する時は独自ドメインを取得してある事が前提であり、好きな文字列を指定でます。

 

 

 

 

 

サブドメインのメリットどデメリット

サブドメインは、サーバーを別に分けて独立したサイトの事です。

主に特化サイトを作るため、サブドメインを作り個別のテーマに分けて作る事を目的としてます。

メサブドメインにもメリットとデリットがあるので説明します。

 

 

 

サブドメインのメリット

サブドメインのメリットは、使用しているサイトとは別の運用ができるメリットがあります。

ドメインを使用する為にはコストと管理が必要になりますが、サブドメインは使用しているドメインを分割することができるので、コストも管理する必要がありません。

 

 

 

 

サブドメインのデメリット

サブドメインのデメリットは、検索エンジンでは別のサイトとして評価されるために評価が分散するデメリットがあります。

サブメインは独自ドメインのメインサイトとは別のコンテンツのサイトが良いです。

 

 

 

 

サブディレクトリ

サブディレクトリとは、サブドメイン同じく独自ドメインを細分化して使用するものです。

サブディレクトリは、独自ドメインを「/」スラッシュで区切り文字れるを表記します。

 

例えば「asakaw2.com」を独自ドメインとした時に

「asakawa2.com/〇〇〇/」のように独自ドメイン後にくるスラッシュの〇〇〇文字列がサブディレクトリになります。

 

独自ドメインを家に例えるとサブディレクトリは家の中にある部屋です。

サブディレクトリは、独自ドメインの下層にあたるサイトなので、評価はメインサイトにいきます。

ひろ

サブディレクトリは独自ドメインに沿った内容が適しており独自ドメインのメインサイトを拡張させる手段の一つと言えます。

 

 

 

 

トップレベルドメイン(Top Level Domain)の基礎知識

トップレベルドメインとは国や団体やサービス等の組織種別を3種類の構造に分けて示すドメインです。

  • gTLD (Generic Top Level Domain) 国や地域を問わずのどこからでも登録することのできるドメイン
  • ccTLD (Country Code Top Level Domain) 国や地域で定められているドメイン
  • 属性別JCドメイン(国と組織を識別するためのドメインです。)

この3種類に分類されます。

 

 

 

gTLD

国や地域を問わずにどこらでも利用登録ができるドメインです

  • .com 商用サービスを対象としたドメイン
  • .netネットワークを意味するドメイン
  • .org非営利団体を対象としたドメイン
  • .info情報サービスを対象としたドメイン
  • .bizビジネスを対象としたドメイン
 
ひろ

様々な種類のドメインが存在しますが自分で好きなドメインを選べて縛りはありません。

 

 

 

 

ccTLD

国や地域で定められているドメインです。

  • .jp 日本を表すドメイン
  • .us アメリカを表すドメイン
  • .kr 韓国を表すドメイン
 
ひろ

国々の頭文字からなり一般的にその国に所在しいる企業や個人が取得できるドメインです。

 

 

 

 

属性別JPドメイン

JPドメインとは国と組織を識別するためのドメインです。

  • .co.jp 株式会社 有限会社 合同会社 合資会社等
  • .ne.jp ネットワークサービス等
  • .or.jp 社会法人 財団法人 社会福祉法人 宗教法人等
  • .gr.jp 2つ以上の法人による任意団体等
  • .ac.jp 学校法人 大学 短期大学 職業訓練校等
  • .ed.jp 幼稚園 小学校 中学校 高校等

 

 

 

まとめ

ドメインとはホームページやブログを運営する際に最初に決める住所です。

住所にもサービスや団体によって多くの種類があります。

独自のブログを立ち上げる際には、ドメインは最低限の知識なので覚えておきましょう。

 

ブログ関連記事

[ブログの記事の書き方]早く書く為の3つのコツでスピードアップ

 

ドメイン
最新情報をチェックしよう!