SEOに強いブログの文章の書き方と構成をテンプレートに沿って解説

ブログのリード文
あさかわ
こんな人におすすめの記事です
  • ブログの構成を知りたい人
  • ブログの書き出しは何から書けば良いか知りたい人
  • ブログの本文で、読者を離脱させずに読ませる方法を知りたい人

 

 

初心者の方はブログの運営を行う上で、記事の書き方や構成が解らない人もいると思います。

この記事では初心者でも解るように、テンプレートに沿ってSEOに強いブログ記事の書き方と構成を解説してあります。

初心者でも簡単に理解できるように、解説してあるので是非読んでください。

 

 

 

 

もくじ

SEOに強いブログの文章の書き方

SEOに強いブログを書くには以下の手順で行います。

 

  1. ペルソナの設定をして、読者のターゲットを決める
  2. キーワード選定を行い、読者の求めてるキーワードを決める
  3. ブログの構成に従い記事を書く

 

 

ひろ

この3つの手順をもとに解説します

 

 

 

ペルソナの設定

記事を書く前に必ずペルソナ設定をしましょう。

ペルソナとは、どんな読者がこの記事を読むのか、理想のターゲットを決める事です。

例えばこの記事では、「ブログの書き方と構成」を知りたい人をターゲットにしてます。

しかし、この記事とは関係のない「ブログの収益化の仕組み」や「ブログのおすすめのアフィリエイトの種類」などを記事の中に入れるとターゲットが定まらずに、記事の構成が滅茶苦茶になり、誰にも伝わらなくなります。

記事を書く時には、必ずペルソナの設定をして、ターゲットを定める必要があるのです。

 

 

ひろ

ペルソナの設定をして、どんな読者がこの記事を読むのか明確にしましょう。

 

 

 

 

 

キーワード選定のコツと無料でリサーチするツール紹介【SEO対策】

 

キーワード
キーワード

 

 

ひろ

この記事で解るポイント

  • キーワード選定のやり方が解る

 

 

 

キーワード選定をのやり方を知りたい人もいると思います。

記事を書くのに最初にやる事は、必ずキーワード選定です。

キーワード選定を行わないで、記事を書いてしまうとブログのSEOで上位表示させることはできません。

この記事では、キーワードの選定のコツと無料でキーワードをリサーチするツールを解説してあります。

誰でも簡単に理解できるよう書いてあるのでぜひ読んでください。

 

 

 

 

SEO対策のキーワード選定のコツ

SEO対策のキーワード選定のコツは、結論から書くとライバルの少ないキーワードで記事を書くことです。

 

ひろ
どのようにキーワードを決めていくか以下の4つの手順で説明します。

 

  1. キーワードを決める
  2. 検索ボリュームのチェック
  3. ロングテールキーワードで記事を書く
  4. ユーザーの検索意図を明確にする
 

 

 

 

キーワードを決める

キーワードには最初は思いつきで良いです。

ひろ
この記事では「パソコン」をキーワードの例として、キーワード選定していきます。

 

 

 

 

検索ボリュームのチェック

キーワードを「パソコン」に決めたら、次に検索ボリュームのチェックを行います。

検索ボリュームとは、そのキーワードが、どれくらい需要があるのかを数値を示すものです。

 

ひろ

検索ボリュームを認知しておけば、記事をどう設計をしていくのか、明確になります。

 

 

 

 

 

ロングテールキーワードで記事を書く

検索ボリュームを調べるのに、主にキーワードの中にも大きく分けて、ビックキーワードとロングテールキーワードの2種類があります。

 

 

ビッグキーワード

ビックキーワードとは単一のキーワードです。

例 パソコンやテレビ等

 

 

 

・ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、複数語を組み合わせたキーワードです。

例 パソコン・初心者・購入

 

 

ひろ
初心者は必ずロングテールキーワードで書く必要があります。

 

 

 

 

参考図

コンバージョン率
コンバージョン率

その理由を参考図をもとに解説します。

 

 

 

コンバージョン率(CVR)

コンバージョン率とはWedサイトに訪れた人が、どれくらいの割合で、商品やサービスを購入したか示すことを言います。

ビッグキーワード(パソコン)のキーワードのボリュームが高いですが、コンバージョン率が低い傾向にあります。

パソコンと検索するユーザーは、パソコンについて何を目的に明示しているのか、不明な段階です。

そのためパソコンについて情報収集している段階にあたり、コンバージョン率に繋がるケースはほぼありません。

しかしロングテールキーワード(パソコン・初心者・購入)はキーワードのボリュームは低いですが、コンバージョン率が高い傾向にあります。

「パソコン・初心者・購入」と検索しているユーザーはキーワードから、初心者がパソコンを買いたいと考えてる可能性が高いです。

キーワードから具体的なニーズがあり、今すぐの利用や購買を前提として、検索している段階にあたりコンバージョン率に繋がる事が解ります。

ロングテールキーワードは検索ボリュームが少なく、ライバルも少ない傾向にありますが、検索意図がはっきりしているため、マネタイズしやく記事も書きやすくなります。

初心者はビッグキーワードを書くのではなく、ロングテールキーワードのように購買に近いキーワードで、検索上位に行けばCVRは高くなります。

 

 

ひろ

ブログはアクセスを集めるものではなく購買意欲の高い人たちを集める事です。

 
 
 

 

ユーザーの検索意図を明確にする

パソコンに対するユーザーの検索意図を、明確にする必要があります。

ユーザーの検索意図を明確にする為に大きく分けて、know・Go・Do・Buy4つに大別されます。

 

Googleの公式資料「マーケターが知るべき4つの瞬間」

 

 

  • Know・知りたい
  • Go・行きたい
  • Do・やってみたい
  • Buy・買いたい

 

 

Googleの提唱を参考にすると、ユーザーの検索意図はこの4つに大別されます。

記事を書く際は、この4つの検索意図の中から方向性を選び、記事を書く必要があります。

「パソコン・初心者・購入」では、パソコンが初心者のユーザーが、パソコンを買いたいという具体的なニーズがあり、今すぐの利用や購買を前提として検索している可能性が高いです。

そのため「Buy・買いたい」に関連する購買向けの記事を作成する事が出来ます。

 

 

ひろ
ユーザーの検索意図を明確にするキーワードを入れよう

 

 

 

 

無料でリサーチするをツール紹介

無料でキーワードをリサーチできる2種類のツールを解説します。

  • ラッコキーワード
  • Ubersuggest

 

 

 

ラッコキーワードでリサーチする方法

ユーザーの検索意図を明確にしておき、次はラッコキーワードでリサーチします。

ラッコキーワードとはキーワードリーサーチに必要な情報を収集してくれます。

コンテンツ制作者には必要なツールです。

ひろ

ラッコキーワードを使えば、「パソコン」に対すサジェストのキーワードを簡単に探す事が出来ます。

 

 

 

 

参考図

ラッコキーワード
ラッコキーワード

例えばパソコンのキーワードに対するサジェストの中から、いくつか候補を選びます。

 

 

参考例

 

  • パソコン・初心者・価格
  • パソコン・キーボード・操作
  • パソコン・再起動終わらない

 

 

 

ひろ

ラッコキーワードは需要のあるキーワードが選出されるので、自分が書く記事に沿った複数後を選び記事を書きます。

 

 

 

 

 

Ubersuggestでリサーチする方法

そして次はUbersuggestというツールを使います。

UbersuggestとはWed上で公開されているキーワードに関連する調査を行うものです。

サジェストに関する検索ボリュームや、SEO難易度も調査できます。

ラッコキーワードで出てきたキーワードをUbersuggestに入力して、キーワードの検索ボリュームと難易度を調べます。

 

 

参考図

ウーバーサジェスト
ウーバーサジェスト

 

ブログ初心者が狙うべきなのは、検索ボリューム100~1000のボリュームを選びます。

それ以上の検索ボリュームを選ぶとSEOで上位表示させることは出来ません。

 

 

 

 

初心者は検索ボリュームの高いキーワードは選ばない

検索ボリュームが高いキーワードを選べば上位に表示されると思われがちです。

しかし、検索上位に入っているコンテンツは、有名企業や人気ブロガーが参入してます。

そのため、検索ボリュームの高いキーワードを選ぶと初心者はドメインパワーが少ないため、そのキーワード選んでも上位に食い込むことはできません。

初心者が行う行動は、検索ボリュームが100~1000程のボリュームのキーワドを選び、そのキーワードの中で検索上位を目指す事が目標です。

 

 

ひろ

ドメインパワーを上げた後に検索ボリュームの高いキーワドを狙うのが得策です。

 

 

 

キーワード選定 まとめ

良質な記事をたくさん書いても、キーワードを正しく選定しなければSEOで上位表示されることはありません。

SEO で上位表示するには、キーワードを必ず決めて、戦略を練りリサーチする必要があります。

 

 

ひろ
記事を書く時には、キーワード選定を必ず行い記事を書きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ブログの構成

 

ブログのテンプレート
ブログのテンプレート

 

  ブログの構成は大きく分けて導入部・本文・まとめの3つの構成で出来ています。

この3つの構成はブログ記事の基本的な型で、この構成方法を使用すると、まとまりのある記事になります。

それぞれの役割をテンプレートにそって解説します。

 

 

 

 

 

導入部パート (タイトル・リード文)

導入部はタイトルとリード文にあたる部分で、読者を引きつける重要なパートです。

導入部で読者を引きつける事ができなければ、読者は離脱してしまいます。

読者を離脱させないために、読者の悩みを想定し解決できる解答を記す必要があります。    

 

 

 

本文パート (見出し・本文)

本文のパートでは「見出し」と「本文の書き方」を解説します。  

本文パートは、読者をまとめまで離脱させない事が重要です。

その為に伝えたい事を的確に読ませる文章構成を意識しましょう。

 

 

 

 

まとめパート (まとめ・CTA)

まとめパートは、「まとめ」と「CTA」について解説します。

記事の最後に、まとめとして記事を振り返る事により、読者に記事の認識を高めてもらう効果があります。

 

 

 

 

 

 

ブログのタイトルを決める5つのコツとタイトルの参考例【SEO対策】

SEOに強いブログタイトル
SEOに強いブログタイトル

 

 

 

ぎん
こんな人におすすめの記事です
  • SEO対策において、ブログタイトルを作る際に注意するポイントを知りたい人
  • 例文をもとに、ユーザーにクリックされる魅力的なタイトルの付け方を知りたい人
 
 
 

  SEO 対策でクリック率を上げる為には、ブログのタイトルのつけ方は重要です。

どんなに良質な記事を書いても、ブログのタイトルが魅力的でないと、ユーザーはクリックせずにスルーします。

クリック率を上げる為には、ユーザーを引きつける魅力的なタイトルを付ける必要があります。

この記事を読めば、クリックされる魅力的なタイトルのつけ方が理解できます。

誰でも解るように解説してあるので、是非読んでください。    

 

 

 

[SEO対策]タイトルの重要性

SEO対策でタイトルが、重要な理由は2つ挙げられます。

Googleの評価とユーザーの評価によって検索順位は決められてるからです。  

 

 

  1. Googleがタイトルタグの内容を読み、ユーザーに最適なキーワードを検索エンジンに表示させる
  2. ユーザーがタイトルを読み、そのコンテンツをクリックするか判断する

 

 

ぎん
Googleの評価とユーザーの評価によって、記事のクリック率が変わるので、その2点を中心に解説します。

 

 

  SEO関連記事 [内部SEO]クローラーを効率よく巡回させインデックスさせる方法 SEO効果を高めるテキストリンクとブログカードの適切な使用方法    

 

 

 

 

Googleの評価

Googleの評価により、記事のクリック率変わります。

GoogleはHTML ファイルの、ヘッダー部分に記述するタイトルを読み込みます。

 

 

例に挙げるとこの記述です。  <title>〇〇〇〇〇〇〇〇<title>

 

 

タイトルの間にある〇の部分が、Googleが読み込むタイトルの部分です。

ユーザーにコンテンツを提供するため、Googleは最適なキーワードが入っているタイトルを上位表示させます。  

 

 

 

ぎん
Googleが正しく評価するためにも、正しいタイトルのつけ方を理解する必要があります。
 

 

 

ユーザーの評価

タイトルを見たユーザーの評価によりクリック率は変わります。

ユーザーにクリックしてもらう為には、ユーザーの求めているキーワードや、魅力的なタイトルをつけなければいけません。

クリックしてもらえる魅力的なタイトルでなければ、どんなに良質な記事を書いても読んでもらえません。  

 

 

ぎん
ユーザーにクリックしてもらえるように、タイトルには狙うキーワードを含め、魅力的なタイトルをつけましょう。
 

 

 

タイトルを決める5つのコツ

タイトルを決めるのに注意するポイントがあります。  

 

 

ぎん
闇雲にタイトルと決めるのではなく、SEOで検索上位させるためにも、注意点を理解しましょう。
 
 
 

注意するポイントは以下の5つです。

 

 

  1. タイトルに合ったキーワードを入れる
  2. タイトルは32文字以内でまとめる
  3. 情報密度を高める
  4. タイトルは文章で書く
  5. 記事のタイトルと内容を一致させる

 

 

ぎん
それぞれ解説します

 

 

 

 

タイトルに合ったキーワードを入れる

Googleが正しくタイトルを読み込む為にも、タイトルに合ったキーワードを入れて下さい。

そしてユーザーに対しても、自分の探しているキーワードあると判断してもらう為にも、タイトルにキーワードを入れましょう。

注意する点はキーワードを詰め込みすぎないことです。

タイトルに含まれるキーワードが多くなればなるほど、検索エンジンがそのキーワードの重要性が認識するのが難しくなります。

キーワードの数は3つから5つ含める事が一般的です。

 

 

ぎん
タイトルに合ったキーワード入れましょう。

 

 

 

 

タイトルは32文字以内でまとめる

タイトルは32文字以内でまとめましょう。

これは端末により、検索結果で表示される文字数が関係してるからです。

 

  • スマホで表示されるタイトルの最大の文字数は43文字
  • パソコンで表示されるタイトルの最大の文字数は33文字

 

 

ぎん
どの端末でも表示させるために32文字以内でタイトルをつけましょう。
 

 

 

情報密度を高める

無駄な文字を削って情報密度を高めるようにしてください。

32文字の限られた文字数の中で、ユーザに魅力を伝えるためには、タイトルの情報密度を高める必要があります。  

 

 

ぎん
情報を持たない無駄な文字を、一文字で減らすように意識して、情報密度を高めたタイトルにしましょう。

 

 

 

 

タイトルは文章で書く

タイトルは文章で書いてください。

狙っているキーワードばかりを羅列すると、Googleの評価が下がり、ユーザーに対しても、タイトルの意図が解らなくなります。  

 

 

ぎん
Googleにもユーザーにも理解できるように、タイトルは文章で書きましょう。
 
 
 
 

記事のタイトルと内容を一致させる

記事のタイトルと内容を一致させましょう。

記事のタイトルと内容が一致していなければ、クリックしたユーザーは、自分が求めている情報が入っていない事からすぐに離脱します。 すぐに離脱すると、滞在時間が下がります。

離脱率が大きくなるとGoogleの評価が下がり、SEO で上位表示できなくなります。  

 

 

ぎん
記事のタイトルと内容は一致させましょう。
 
 
 

 

タイトルの参考例

ぎん



主に使用されるブログタイトルの具体的な参考例を、それぞれ解説します。

 

 

 

  • 数字を入れる
  • 記号を上手に活用する
  • 疑問形を入れる
  • 疑問形を入れる
  • カタカナを使う
  • タイトルに権威性を入れる

 

 

 

 

数字を入れる

タイトルに数字を使用するとクリック率は高くなります。

数字を入れる事により記事の信頼性や具体性が上がりクリック率が上がります。  

 

 

 

具体的な数字を入れる

割り切れない具体的な数字を使う方が信頼度が上がります。

例えば、満足度80%と書いてある記事に対して、満足度83%と書いてあるタイトルの方が厳密に調査してる印象を受けるからです。

 

 

ぎん
割り切れない数字を使う方が信頼度が上るのは、ライティングの基本的なテクニックなので活用してください。
 
 
 

参考例

  • [2021年]満足度83%越える春の新作映画を徹底解説
  • 初心者の私が月に7,5000Pv達成した私が活用している実践方法
  • 総計17万の文字を書いた私が解説する文書術を3選

 

 

 

 

記号を上手に活用する

ブログのタイトルに記号を入れると、ユーザー注目が集まりやすくなります。

記号を活用するタイトルは多く、クリック率を上げるのに効果的です。

記号とは「!・?・[ ] 」など活用するタイトルが多いです。    

 

 

 

参考例

  • [速報]今週の映画の興行収入ベスト10は?[徹底解説]
  • [朗報]2021年から始めてもブログで稼げる8つの理由
  • ブログ30記事!収益化させる[12のステップ]最新攻略

 

 

 

疑問形を入れる

疑問形をブログタイトルに入れる事で、ユーザーが回答が気になりクリックしてくれる事があります。

ユーザーが疑問に思っている回答が解れば、ユーザビリティも上がります。  

 

 

 

参考例

  • ブログが稼げる事を知っていますか?副業で5万稼いだ方法を解説
  • 5秒の法則とは何か?行動力をUPさせる3つの法則
  • 転職のメリットとデメリットとは?

 

 

 

 

カタカナを使う

漢字ばかりのタイトルに比べ、カタカナを効率的に活用する事により、読みやすさは格段に上がります。    

 

 

参考例

  • 初心者の為のブログのタイトルのつけ方のコツ10選
  • 読むだけで成果がグングン上がるビジネス本のまとめ
  • ユーザーの心をガッチリ掴む7つの文章術を解説

 

 

 

タイトルに権威性を入れる

タイトルに権威性を入れると、ユーザーは読む価値やメリットがあると感じます。  

 

 

参考例

  • ブロガー歴10年の私が解説するブログの書き方講座
  • 年間100冊読書する私が選んだおススメの自己啓発の本を紹介
  • 41歳で漫画家に成った私が語る成功方法を解説

 

 

 

タイトル まとめ

Googleやユーザーに正しく評価するためにも、魅力的なタイトルをつけましょう。

気を付ける点は、狙っているキーワードばかりを羅列すると、Googleの評価が下がり、ユーザーに対しても、タイトルの意図が解らなくなります。

キーワードの数は3つから5つ含めて、32文字以内のタイトルを付けましょう。    

 

 

 

 

 

ブログのリード文の書き方のコツ「例文で解説」

文章を書く
文章を書く
 
 
ひろ
こんな人におすすめです
  • リード文の重要性を知りたい人
  • 初心者でも解るよう参考例を元に、リード文の書き方を理解したい人

 

 

  リード文の書き方を間違えると、読者は記事の途中で離脱する事に繋がります。

離脱に繋がるリード文は読者にとってもGoogleにとっても良いリード文とは言えないでしょう。

この記事の内容はリード文の重要性から、誰でも解るように、リード文の書き方を、例文に沿って解説してあります。

この記事を読めば、リード文の正しい書き方が理解でき、ユーザーが途中で離脱しないリード文の書き方が解ります。

誰でも簡単に理解できるよう解説してあるので、是非読んでください。        

 

 

 

 

リード文の重要性

読者が最初に目を通すリード文が、正しく書かれていないと、読者は記事を読む価値がないと判断して離脱する可能性が高くなります。

読者がリード文から離脱してしまうと、ページの滞在時間も短くなりGoogleからの評価も下がってしまいます。

 
 
ひろ
読者に記事を最後まで読んでもらう為にも、最初のリード文は重要ですので理解しましょう。

 

 

 

リード文が上手く書けるとメリットが増える

以下が上手にリード文のメリットです。

 

 

  • 読者のページの滞在時間が伸びGoogleの評価も上がる
  • 関連記事を読んでもらえる確率が上がる
  • 紹介しているサービスや商品をクリックしてもらえる確率が上がる
 
 
ひろ
上手なリード文はメリットが多くあるので、覚える価値は十分あります。

 

 

 

リード文の注意する「3つのポイント」

リード文で注意す以下の3つのポイントを解説します。

 

  1. ターゲットを明確にする
  2. リード文は結論、理由の順で書く
  3. リード文は300字から500字以内で書く

 

 

 

ターゲットを明確にする

誰に向けて書くのか?どんな人に向けて書くのか?

読者のターゲットを明確にする事が重要です。

ターゲットを決めずに、なんとなく書く文章は、読者の心には何も共感されません。

読者が共感できるようなに、ターゲットを最初に明確にしましょう。      

 

 

 

リード文は結論、理由の順で書く

リード文は結論から理由の順番で書きましょう。

結論が書いてないリード文は、読者の離脱率に繋がります。

読者は求めている情報を、早く知りたいものです。 結論を最初に提示して、その理由を書く手順はリード文の基本になります。

最初に読者が求めている情報を提示する事で、求めている情報があると認識して、読者は結論から理由へと読み進めてくれます。

リード文は結論、理由の順で書きましょう。      

 

 

 

リード文は300字から500字以内で書く

リード文は300字から500文字以内で書きましょう。

長文のリード文は、まず読まれません。

読者は基本的に忙しいので、何が書いてあるか早く情報を知りたいものです。

長文でリード文を説明すると、離脱する可能性が高くなります。

リード文の文字数は、300字から500字程度に要点を理解できるようにまとめましょう。        

 

 

 

リード文の書き方の順番「6つのポイント」

リード文は以下の6つの順番にそって書くと、読者に共感されやすいリード文になります。

 

  1. 共感を得る
  2. 問題提起
  3. 権威性をアピールする
  4. 何が書かれているか
  5. 記事のメリット
  6. 本文に進める簡易的な後押し

 

 

 

共感を得る

最初に共感を得るリード文は、読者に読まれます。

ターゲットを絞り2~3つ箇条書きで共感できる一文を提示します。

大まかな文章では、読者の共感は得る事はできません。

読者の共感を得るには、必ずターゲットを絞り、共感を得る魅力的な一文にして下さい。

 

ひろ

読者の共感を得る事が出来れば、読者は最後まで記事を読んでくれます。      

 

 

 

問題提起

問題提起とは、具体的な問題をユーザーに投げかける事です。

例えば「リード文の書き方を失敗すると読者は離脱します。」では

失敗すると問題が起きる事を提示しています。

問題を明確にしなければ、その解決に至る事は出来ません。

 

ひろ

問題提起は問題を解決する事項として、文章の冒頭で活用する基本的な手法です。      

 

 

 

権威性をアピールする

記事を書いた人によって、読者の信頼度や満足度は変わります。

根拠や実績を示すことにより、記事の信頼性が増します。    

 

 

 

権威性は誰もが持ってるわけではない

権威性は誰もが持ってるわけではありません。

 

 

ひろ

権威性を持っていない人は、権威性を示すだけの根拠が出来たら書くようにしましょう。      

 

 

 

 

記事を読んで解る事を冒頭に書く

記事を読んで解る事を記事の冒頭に書きましょう。

タイトルと内容が一致する一文が望ましいです。

読者の期待を裏切らない為にもタイトルと内容が一致する文章を書いてください。

記事の冒頭のに、短い一文で書く事により、速やかに読者に内容を認知してもらい離脱率を防ぐ事ができます。

 

 

ひろ
読者は基本的に忙しい存在なので、速やかに書いてある内容を提示しなければいけません。    

 

 

 

 

記事のメリットを伝える

読者がこの記事を読み、どんなメリットがあるのか示します。

メリットとは、読者の抱える問題を解決する文章を書きます。

 

 

ひろ
問題を解決するメリットを書く事により、読者は最後まで記事を読んでくれます。      

 

 

 

本文に進める簡易的な後押し

読者を本文に進めるには、リード文の最後に簡易的な後押しが効果的です。

 

 

ひろ

例えば「簡単に誰でもできる」とうフレーズで最後に後押しすれば、読者のハードルが下がり本文に読み進める事が出来ます。        

 

 

 

リード文の例文

 
 
ひろ
本記事のリード文を例文に沿って解説します。

 

 

 

 

共感

  • リード文がなぜ重要なのか?
  • リード文の書き方を、初心者でも解りやすく知りたい
  • 初心者でも解るよう参考例を元に、リード文の書き方を理解したい

 

 

 

問題

リード文の書き方を間違えると、読者は記事の途中で離脱してしまいます。

離脱に繋がるリード文は読者にもGoogleにとっても良いリード文とは言えません。

 

 

 

権威性

私はブログを初めて1年で100万円を稼ぐことができました。

 

 

 

何が書かれているか

そこでこの記事ではリード文の重要性から、初心者でも解るようリード文の書き方を、テンプレートに沿って解説します。

 

 

 

メリット

この記事を読めばリード文の正しい書き方が理解でき、読者が途中で離脱しないリード文の書き方が解ります。

 

 

 

簡単な後押し

誰でも簡単に解るよう解説してます。  

 

 

 

リード文 まとめ

リード文の書き方を間違えると、読者は記事の途中で離脱してしまいます。

 

 

ひろ

離脱させないためにも読者のターゲットを絞り、読者の期待を裏切らないタイトルと一致したリード文を書きましょう。

 

 

 

 

 

 

ブログの見出しタグの順番とキーワードの正しい使い方【SEO対策】

seoのロゴ
seoのロゴ
 
 
ひろ
こんな人におすすめの記事です
  • 正しい見出しタグの使い方を知りたい人
  • 見出しにキーワードを入れる重要性を知りたい人

 

 

 

ブログの書き方で見出しの正しい使い方を知りたい人もいると思います。

正しい使い方を知らずに見出しを書いている人は、SEOで上位表示させるどころかGoogleにインデックスされない可能性もあります。

この記事では見出しタグの使い方と、見出しのキーワードの重要性について書かれています。

誰でも簡単に理解できるので、是非読んでください。  

 

 

 

SEOの関連記事

[内部SEO]クローラーを効率よく巡回させインデックスさせる方法 SEO効果を高めるテキストリンクとブログカードの適切な使用方法        

 

 

 

SEO対策で見出しの重要性

SEO対策で見出しは重要で、正しく使うことにより、クローラーが収集した情報を、適切にインデックスすることができます。

見出しは、見出しタグやページのキーワードが適切に配置されてる必要があります。

見出しの使い方を以下の3つに分けて解説します。  
 
 
  1. 見出しタグの正しい使い方
  2. 見出しの順番
  3. 見出しにキーワードを入れる重要性

 

 

 

見出しタグの正しい使い方

見出しタグはページのコンテンツにおいて、言葉の通り見出しの役割をするタグです。

見出しタグを正しく設置する事によって、検索エンジンやユーザーから理解されやすく、SEOの観点からしても重要な部分になります。

クローラーはh1・h2・h3・h4というhタグ(見出しタグ)を見て検索エンジンに反映させます。

見出しタグを適切に使うことで、検索エンジンに正しく評価してもらう事が出来ます。

ユーザーの視点からしても見出しが整理さていれば内容が把握しやすく、読者満足度も上がります。  

 

 

 

ひろ
結果的に見出しタグを正しく設置する事で、検索エンジンやユーザーからも評価の高くなり、結果的にSEOでも上位に表示されやすくなります。
 
 

 

見出しタグのルールを守る

見出しタグのルールを守る事は重要です。

見出しタグにはh1➡h2➡h3➡h4という順番でhタグを付けるルールがあります。

例えばh2➡h4➡h3では順番が違う為にユーザにわかりにくく、ユーザーアビリティが下がりSEOの観点からもマイナスになります。

h1は1つの記事で1つだけというルールがあり、主にタイトルがh1の箇所になります。

H2以降は記事の内容を記す箇所に使用します。

 

 

 

ひろ
正しく順番通りに設置することによってSEOの評価が上がる事を認識しましょう。
 

 

 

 

見出しの順番

見出しの順番は記事で扱うコンテンツによって異なります。

一般的に見出しの順番は2種類の方法があり、検索ニーズの高い見出し、起承転結の見出しの2種類があります。

私は扱うコンテンツによって、2種類の方法を使い分けてます。
 
 

 

検索ニーズの高い見出し

検索ニーズの高い見出しから書く事によって、読者が興味のある情報を、早く提供する事に繋がります。

検索ニーズの低い見出しを最初に使用すると、読者に興味のない情報を先に提供する事になります。

読者は知りたい情を早く知りたいものです。

興味のない情報を先に提供する事により、読者は知りたい情報がないと認識して、記事から離脱する可能性が高くなります。

 

 

 

ひろ
読者に興味をもってもらえるように、検索ニーズの高い見出しから書きましょう。
 
 

 

起承転結の見出し

起承転結の見出しは、記事の内容がおもに「作り方」に関与したした記事に使われます。

例えば、ケーキの作り方の記事では、最初の工程から起承転結の見出しを作らなければ、どこからケーキを作ればよいのか読者に伝わりません。

この記事では、早く書く記事の作り方なので、読者に伝わるよう順を追って、起承転結を意識して書いてます。

 

 

ひろ
「作り方」などに関与した記事を書くときには、起承転結の見出しを意識して書きましょう。
 

 

 

見出しにキーワードを入れる重要性

見出しにキーワードを含める事はSEO内で重要です。 見出しタグは検索エンジンに反映するため、h2・h3・h4等にキーワードを必ず含めましょう。

見出しにキーワードを入れることより、Googleやユーザーに認知されSEOで上位表示されやすくなります。

 

 

 

見出しには可能な限り結論や内容を含める

見出しはキーワードだけで済ませずに、可能な限り結論や内容を含めましょう。

クローラやユーザーが見出しを見た時に、キーワードだけの見出しでは認知度が浅くなりマイナスです。

見出しは必ずキーワードだけにせず、結論や内容を含める形で使用しましょう。
 
 

    キーワード選定詳細記事 SEO対策のキーワード選定のコツと無料でリサーチするをツール紹介

 

 

 

見出し まとめ

SEO対策でブログの見出しタグと見出しにキーワードを正しく使うことにより、クローラーは見出しから収集した情報を、適切にインデックスしてもらう事ができます。

 

ひろ

見出しタグとキーワードを正しく使いSEO対策を行いましょう。            

 

 

 

 

 

ブログの本文 [例文で解説]PREP法の書き方と読者が好む文章の3つのポイント

PREP法の書き方
PREP法の書き方
 
ひろ
こんな人におすすめの記事です
  • PREP法を利用した文章の書き方を学びたい人
  • 読者が好む離脱しない文章の書き方を知りたい人

 

 

PREP法を使用しない文章は、読者にストレスを与えて、文章の内容が伝わらずに記事から離脱します。

私も文章の書き方を理解せず書いていましたが、PREP法の書き方を覚える事により、相手に伝わる文章が書けるようになり、記事を書く速度も上がりました。

そこでこの記事では、PREP法の書き方と読者の伝わりやすい記事の書き方を解説しあります。

この記事を読めば、読者にストレスを与えず、文章を読ませる事が出来ます。

誰でも簡単に、理解できるように解説してあるので是非読んでください。

 

 

 

 

PREP法の書き方

本文を書く時には、PREP法で書きましょう。

PREP法とは4つの頭文字からとった、文章の構成方法の仕組みです。

おもに文章やスピーチ等に利用されます。

 

 

ひろ
文章を書く上でPREP法を意識するとで、読者に内容が伝わりやすくなります。

 

 

 

PREP法の解説

P=Point(結論)

結論を最初に書く事により、読者に答えが書いてあることを認知させる事ができ、読者は次に読み進めてくれます。

 

 

R=Reason (理由)

結論に対する理由を書く事により、その答えの理由が読者に明確になります。

 

 

E=Example (具体例)

理由を裏つける具体例を書く事により、結論に至る真実味が増します。

 

 

 

P=Point (結論の再主張)

最後にまとめとして結論を再主張すると、読者に結論が再認識されて全体がまとまり良く読めます。

 

 

 

 

PREP法を利用した例文

PREP法を利用した例文が以下になります。

 

 

結論

ブログはビジネスシーンに役立ちます 。

 

 

理由

ビジネスをする上で相手の立場に立って、物事を考えることは必須だからです。

 

 

具体例

相手がどんなことに悩んでいるのか?その悩みに対して記事ではどのような解決策を提示できるのか?ブログを学べば相手の立場に立って物事を考えるようになります。

 

 

結論

相手の立場に立って物事を考える行為は、ビジネスシーンで役立ちます。  

 

 

 
ひろ
PREP法を理解すれば、文章を書く速度も上がり、論理的で解りやすい文章が書けます。 是非覚えましょう。

 

 

 

読者が好む文章で意識する3つのポイント

文章は以下の3つのポイントを意識して書けば、誰でも理解できる文章が書けます。

 

  1. 中学生でも解る文章で書く
  2. 専門用語には説明を入れる
  3. 箇条書きで書く

 

 

 

 

中学生でも解る文章で書く

中学生でも解る文章で書きましょう。

どんな読者にも伝わる文章を書かなければいけません。

近年スマートフォンの利用率が上昇してるため、ユーザーの読解力が大幅に低下してます。

スマートフォンで流し読みすることが原因で、新聞や本を読む習慣を持たないユーザーに難解な言い回しをしても伝わりません。

 

ひろ
中学生が読んでも伝わる文章で書きましょう。

 

 

 

専門用語には説明を入れる

専門用語を使う時は説明を入れましょう。

専門用語に説明も入れず、多用すると読者は難しすぎて、記事を読む事を止める事もあります。

読者が専門用語を知らないと予想される場合は、説明を入れましょう。

 

 

 

箇条書きを利用する

文章を書くときは箇条書きを利用しましょう。

長文だけの記事は、記事に何が書いてあるか読者に伝わりづらいです。

伝わりやすくするためには、文章にメリハリをつけ箇条書きで書きましょう。

 

 
ひろ
箇条書きで書かれていれば、一目で何が書いてあったか認識することが出来ます。

 

 

 

 

 

 

正しい文章の書き方

読者の視点に立って正しい文章を書きましょう。

正しい文章で書けば、読者の離脱率を防ぎ、最後まで読まれる可能性が高くなります。

正しい文章を書くには、大きく分けて以下の4つのポイントがあります。

 

 

  1. 一文が長すぎる時の注意点
  2. 文章の位置により伝わり方が変わる
  3. 同じ言葉の繰り返しや乱用はしない
  4. 文章で気づきにくい注意点
 
 

 

一文が長すぎる時の注意点

一文が長すぎる時の注意点は以下の2つです。

  1. 一文を長くしすぎない
  2. 箇条書きを使用する

 

 

 

一文を長くしすぎない

一文を長すぎると、伝えたい事が解りづらくなります。

今ネット上の文章は、スマホの読者が圧倒的に多いので、スマホの小さい画面に長い文章では読みづらいです。

目安としては1文で80文字以内を目安で書くようにしましょう。

 

悪い例

ビジネスをする上で、相手の立場に立って物事を考える事は必須で、どんなことに悩んでいるか、解決策を模索しましょう。

 

 

良い例

ビジネスをする上で、相手の立場に立って物事を考える事は必須です。

どんな事に悩んでいるのか解決策を模索しましょう。

 

ひろ

一文が長くならない文章で書きましょう。

 

 

 

箇条書きを使用する

文章が長くなる時は、箇条書きを使用しましょう。

長くなる文章の場合に、箇条書きを使用すると、文章が整理されます。

文章が整理される事によって、読者に意図が伝わりやすくなります。

 

 

ひろ
文章が長くなる時は、積極的に箇条書きを使用しましょう。

 

 

 

例 箇条書きを使用しない

例えば、文章が長すぎる時は箇条書きを使用しましょう。

文章だけで、読者が理解しにくい場合は、表や画像を入れてください。

記事の全体の見た目も、「枠」や「色」等の装飾を、バランス良く使う事で、記事が読みやすくなります。

 

 

 

例 箇条書きを使用

  • 箇条書きする事で文章が読みやすくなる
  • 表や画像を入れる事で読者に意図が伝わりやすくなる
  • 「枠」や「色」等の装飾を、バランス良く使う事で記事が読みやすくなる

 

 

 
ひろ

箇条書きで整理されてる文章は読みやすい!

 

 

 

 

文章の位置により伝わり方が変わる

文章の位置により伝わり方は変わります。

 

ポイントは以下の2つです。

 

  1. 主語と述語を近づける
  2. デメリットを先に伝えてメリットを後に伝える

 

 

主語と述語を近づける

主語と述語を近づけることによって、読みやすい文章になります。

 

 

主語と述語の意味

主語とは「何が」「誰が」に当てはまる文節 

 下の例文では「メアリー」が主語にあたる。

 

 

述語とは「どうする」「どんなだ」「なんだ」に当てはまる文節  

 下の例文では「生まれた」が述語

 

 

 

悪い例

メアリーは桜が咲く暖かい季節に、日本で生まれました 

 

 

良い例

桜が咲く暖かい季節に、メアリーは日本で生まれました 

 

 

ぎん

上の例文の悪い例は主語と述語の位置が遠く、その間にメアリーが生まれた時期が書かれています。

そのため主語から述語に行き着くまでの間に 読者が解釈しづらいです。

主語と述語を近づけることによって読者に物事を認識しやすくなります。

 

 

 

 

デメリットを先に伝えてメリットを後に伝える

何かを比較する文章を書くときは、デメリットを先に伝えてメリットを後に伝えましょう。

デメリットを先に伝える事で、読者に良い印象を与える事が出来ます。

 

 

例 デメリットが後の文章

メアリーは国語が得意だけど、算数は苦手だね。

 

 

デメリットが先の文章

メアリーは算数が苦手だけど、国語は得意だね。

 

 

 

上の例を読むと解りますが、デメリットを先に出した方が後味が良くなります。

先にデメリットでマイナスの印象持ちますが、最後にメリットを伝える事でプラスの印象を受けます

読み終わった後の印象がプラスの方が、読者から良い印象を受けるのです。

 

ひろ

比較をあらわす文章を書く時は、積極的に取り入れましょう。

 

 

 

 

同じ言葉の繰り返しや、乱用はしない

同じ言葉の繰り返しや、乱用は避けましょう。

 

ポイントは以下の4つです。

 

  1. 一文の中で同じ言葉は使わないようにする
  2. 一文で「、」は2個から3個までにする
  3. 同じ文末表現を連続して使用しないようにする
  4. 助詞を連続して使わないようにする

 

 

 

一文で同じ言葉は使わないようにする

一文で同じ言葉は使わないようにしましょう。

同じ言葉が2回以上使われる文書は、読者からシツコイ印象を受けます。

無駄な文章は省き、同じ言葉をなるべく使わない事で、読みやすい文章になります。

 

悪い例

ビジネスをする上で相手の立場に立って、相手の事を考える事は必須です。

 

良い例

ビジネスをする上で相手の立場に立って、物事を考える事は必須です。

 

ひろ

同じ言葉を使用る文章は読みにくいです!

 

 

 

1文で「、」は2個から3個までにする

1文で「、」で2個から3個まで にしましょう。

3個以上 「、」使用すると読者にとって読みにくい文章になるからです。 

 

悪い例

桜が咲く暖かい季節にメアリーは日本で生まれました。

 

良い例

桜が咲く暖かい季節にメアリーは生まれました。

 

ひろ
1文にいくつも「、」がある文章は読みにくいです。

 

 

 

同じ文末表現を連続して使用しないようにする

おなじ文末表現を連続して、使用しないようにしましょう。

文末表現とは文章の最後に書く言葉のことです。

例えば文末が「~です。」などを連続する文章は、読者から幼稚な印象を受けます

3回以上つづけて文末表現が同じ場合は、文末を変えるようにしましょう。

文末表現を変える事により、読者から巧みな印象を受けます。

 

 

悪い例

  • ビジネスをする上で相手の立場に立って、考える事は必須です。
  • どんな事に悩んでいるのか、明確にしなければ、相手に伝わらないからです。
  • ビジネスをする際は必ず、相手の立場で考える事は大事です。

 

 

良い例

  • ビジネスをする上で相手の立場に立って、物事を考える事は必須です。
  • どんな事に悩んでいるのか、明確にしなければ、相手に伝わらりません。
  • ビジネスをする際は必ず、相手の立場で考えましょう。

 

 

ひろ

同じ文末表現を連続して、使用るのは控えましょう。

 

 

 

助詞を連続して使わないようにする

助詞を3回以上連続して使わないようにしましょう。

助詞とは文章で「~が」「~の」などで使用する名詞や言葉のを繋げる言葉です。

3回以上連続して使うと幼稚な文章に見えてしまうので、多用しないよう気をつけましょう。

 

悪い例

花子が、桜が綺麗な山々が、日本にはたくさんあると言った。

 

 

良い例

花子は桜の綺麗な山々が、日本にたくさんあると言った。

 

 

ひろ
同じ助詞が連続する文章は読みにくいです。

 

 

 

文章で気づきにくい注意点

文章で気づきにくい注意点のポイントは以下の2つです。

  1. 表記は統一する
  2. 二重表現に注意する

 

 

 

表記を統一する

文中であつかう名詞や数字などの表記は統一しましょう。

途中で表記を変更すると読者に違和感を持ちます。

表記を統一する事により、読者にストレスなく読ませるポイントです。

 
ぎん

表記を統一する文章を心掛けましょう。

 

 

参考例

  • 花子さん」とういう名詞を使う場合は、途中で「花子」や「花子氏」など名詞を変更する事なく、「花子さん」で統一する。

 

  • 3」月という数字をあつかう場合も「」や「」など全角や漢字に変更する事なく、半角の「3」で統一する。

 

 

 

 

二重表現に注意する

二重表現とは同じ意味のことを重複して用いる表現です。

普段何気なく使ってしまう言葉ですが、 二重表現を多用にすると読者は違和感を持ち 、ストレスを与える事になります。

 

ひろ
二重表現に注意して、文章を書きましょう。

 

 

間違いやすい二重表現10選

  • 必ず必要
  • 今の現状
  • お金を入金する
  • 後で後悔する
  • 過半数を超える
  • 一番最初
  • 一番最後 
  • 馬から落馬する 
  • 犯罪を犯す
  • お体をご自愛ください

 

 

 

本文 まとめ

PREP法の文章の構成を覚えることで、読者に文章の内容が伝わりやすくなり、記事も早く事ができます。

そして普段何気なく使用してい文章の中にも、気が付かないうちに読みにくい文章を使用している事も十分にあります。

 

 

ひろ
そして文章を書く時には、誰にでも伝わる文章で、箇条書きを利用することで、読者は記事を読んでくれるので、そのポイントを意識して記事を書きましょう。  

 

 

 

 

 

まとめパート

最後に記事に何が書かれていたか、記事のまとめを書きましょう。

まとめとして記事を振り返る事により、読者に記事の認識を高めてもらう効果があります。

 

まとめのポイントは以下の2つです。

  1. 箇条書きを使用する
  2. CTAを設置する
 

 

 

箇条書きで書く

まとめは箇条書きで書きましょう。

箇条書きで書かれていれば、一目で何が書いてあったか再度認識することが出来ます。

読者がすぐに認識できるよう、箇条書きで書きましょう。  

 

 
ひろ

読者に何が書かれていたのか整理させる上でも、記事の最後にはまとめを書きましょう

 

 

 

CTA

CAT (Call To Action)とは読者に一通り記事を読んでもらった後に、読者を次の行動に促す行動歓喜のを言います。

CTAは内部リンクにあたり、ブログの見出しの最後や、記事の最後に関連する記事を設置する事で、読者を次のコンテンツに誘導する仕組みです。

読者に信頼できる情報を発信した上で、自然な経路を作る事で、ユーザーの集客に繋がるります。

 

 
ひろ
より多くの読者に、ブログ記事を読んでもう為にもCATを設置しましょう。

 

 

 

まとめ

  • 記事を書く前に必ずペルソナ設定する
  • SEO で上位表示するには、キーワードを必ず決めて、戦略を練りリサーチする必要がある
  • ブログの構成は導入部・本文・まとめの3つの構成で出来ている
  • タイトルには、キーワードの数は3つから5つ含めて、32文字以内のタイトルを付ける
  • リード文は読者のターゲットを絞り、読者の期待を裏切らないタイトルと一致したリード文を書く
  • 見出しタグと見出しにキーワードを正しく使うことにより、クローラーは見出しから収集した情報を、適切にインデックスしてもらう事ができる

  • 本文パートではタイトルに沿った見出しにして、PREP法を意識する
  • まとめは読者に記事を解りやすく箇条書きで書き、CATを最後に設置する

 

 

  おすすめ記事

[ブログの記事の書き方]早く書く為の3つのコツでスピードアップ          

 

Googleアドセンス審査に通らなかった私が7回目で合格した方法

 

「知らないと危険」ブログで使用する正しい著作権と引用方法の書き方

 

ブログのドメインの構造と種類【トップレベルドメインの基礎知識】

 

Googleのペナルティの種類と自動・手動ペナルティの解除方法

ブログのリード文
最新情報をチェックしよう!