【Googleのペナルティの種類】自動・手動ペナルティの解除方法

禁止のマーク
 
ひろ
こんな人おすすめの記事です
  • Google のペナルティを受けるとどうなるのか知りたい人
  • どういったことでペナルティの対象になるのかその種類を知りたい人
  • ペナルティの解除方法を知りたい人

 

ブログ運営をしていく中で、どのような事を行ったらペナルティになるのか知りたい人もいると思います

この記事には具体的なペナルティの種類と自動・手動ペナルティの解除方法が書かれています。

誰でも簡単に理解できるので是非読んでください。

 

 

 

 

 

ペナルティの種類

Google を始めとした検索エンジンは、重複したコンテンツまたは、不正に外部リンクを獲得する行為に対して、厳しいペナルティを課すということがあります。

ペナルティを受けると、検索順位が大きく急落して、検索結果にサイトが表示されなくなる恐れもあります。

ペナルティには以下の4つにあたります。

  • 外部リンクによるペナルティ
  • 重複のコンテンツ
  • 低品質コンテンツ
  • 違反ドメイン

 

 

 

外部リンクによるペナルティ

Google は自演による外部リンクは全て NG と公言しています。

つまりサイト運営者が良質なコンテンツをネット上に上げていき、その結果で自然な外部リンクを獲得することだけを認めています。

意図的な外部リンクを作成して、送る行為は禁止なのです。

被リンクが多いことは Google にとって評価が高いのですが、そのリンク効果だけを狙って自作自演の不自然な被リンクを何個もリンク送るとペナルティの対象になります。

 

ひろ
外部リンクによるペナルティは以下の4にあたります。

 

  • 短期間に急に外部リンクが増える
  • 外部リンクが一か所に集中してある
  • テキストリンクとリンク先のページに関連性がない
  • リンクの購入はダメ

 

 

 

短期間に急に外部リンクが増える

短期間に急に外部リンクが増える事はありえません。

通常考えられないほど急激に外部リンクが増えたりすると、不自然なのでGoogle は検知してペナルティの対象になります。

 

 

 

外部リンクが一か所に集中してある

同一のIPや被リンクが、同一のドメインから大量に被リンクされている場合はペナルティになります。

自然なリンクは均等に分散されているものなので、一か所のドメインから集中して、被リンクが集められているのは不自然です。

被リンクはなるべく分散しなければペナルティの対象になります。

 

 

 

テキストリンクとリンク先のページに関連性がない

テキストリンクとリンク先のページは、関連性があるものにしなければいけません。

テキストリンクに気になるキーワードがあり、リンク先に行ったら違う内容の記事になっている場合です。

テキストリンクとリンク先が一致していなければペナルティを受けます。

 

テキストリンクの詳細記事

SEO効果を高めるテキストリンクとブログカードの適切な使用方法

 

 

 

リンクの購入はダメ

Google はリンクの購入を求めていません。

リンクの購入とはSEO業者にお金を払い、業者が使用するサイトから自分のサイトにリンクを送る行為です。

リンクの購入も不自然なリンクとして扱われるので、リンクの購入はペナルティになります。

 

 

 

重複のコンテンツ

重複のコンテンツとは以下の2つにあたります。

  • コピー記事はペナルティになる
  • 自分のコンテンツが他人にコピーされてしまう

 

 

コピー記事はペナルティになる

 コピー記事とは自分のサイトとは違う他サイトから、文章や画像を転用することはペナルティにあたります。

 Google としては、サイトに同じような記事ばかり並んでいる検索エンジンは非常に不愉快です。

オリジナリティの高い、その人にしか書けない記事を評価する傾向にあるからです。

著作権の侵害にもあたるので、自分の頭で考えたオリジナリティのある記事を書きましょう。

 

ひろ
自分のサイト内でどうしても借りたい部分である時は引用タグを使いましょう。

 

 

自分のコンテンツが他人にコピーされてしまう

自分のコンテンツが、他人にコピーされてしまうという可能性もあります。

対処法としては、Google のサーチコンソールを使って、新規記事を作成した直後にインデックスを促しましょう。

その方法を取ることで、自分が最初にネット上に上げてオリジナルコンテンツだっていうことを、Google に伝えることで回避する事が出来ます。

 

 

 

低品質コンテンツ

低品質なコンテンツはペナルティになります。

Google はサイトの滞在時間やクリック率などを全て計測しています。

計測したデータを参考に、ユーザーのためになっているのか、このサイトはユーザーの悩みを解決できているか評価してるからです。

 

ひろ
良いコンテンツを書いて、自分のサイトでしか表現できないオリジナルの記事を書いていく必要があります。

 

低品質なコンテンツには以下の3つにあたります。

  • 不自然なキーワードを詰め込み
  • キーワードに対する答えが書いてあるか
  • アフィリエイトリンクだらけのサイト

 

 

不自然なキーワードを詰め込み

不自然なキーワードを詰め込みはペナルティになります。

例えばキーワードがSEOの場合に、不自然なぐらいに文章中にSEOのキーワードを盛り込むと、SEOという言葉だけで検索上位を狙っていように判断され、中身は薄い記事だと認識されます。

不自然なキーワードの詰め込みすぎは避けましょう。

 

 

キーワードに対する答えが書いてあるか

キーワードに対する答えが書かれているのかGoogle はしっかりと見ています。

ユーザーはキーワードを頼りに、悩みに対する答えを探しています。

悩みに対する答えのない記事は、ユーザーには意味がありません。

ひろ
記事には悩み対する答えを、必ず書きましょう。

 

 

 

アフィリエイトリンクだらけのサイト

アフィリエイトリンクだらけのサイトは、ペナルティの対象となります。

アフィリエイトタグの数を増やせば増やすほど成約率が増えるわけではなく、適切な箇所に貼る事で成約率やCV 率上がります。

 

ひろ

アフィリエイトリンクだらけのサイトは、ペナルティの対象になるので、気をつけましょう。

 

 

 

 

 

違反ドメイン

違反ドメインとは、新規ドメインを取得してサイトを運用したが、実はそのドメインは過去のドメイン取得者が、ペナルティを受けていて検索エンジンからのペナルティが続いていたケースです。

この場合に新規ドメインを取得して、良質なコンテンツを作成していていても解除されてない為に、検索で上位に表示されるって事は難しくなります。

対処法は新規ドメインを取得する際に、過去に同じドメインでどんなサイトが公開されていたのかチェックする必要があります。

インターネットアーカイブ使えば過去にどんなサイトが運営されていたのか見ることができます。

 

ひろ

過去に運用歴があるものは使わない事が望ましいです。

 

 

 

自動・手動ペナルティの概要と解除方法

ペナルティには2種類の方法があり「自動ペナルティ」と「手動ペナルティ」に分類されます。

2種類のペナルティの概要と解除方法を説明します。

 

 

 

自動ペナルティの概要

自動ペナルティとはGoogle のアルゴリズムにより、自動で検索順位が変動するシステムです。

面倒な事は、通知などなく、突然順位が下がったりアクセスが激減したりします。

アルゴリズムのシステムで、サイトにペナルティがある場合に適応されます。

 

 

 

自動ペナルティの解除方法

自動ペナルティの解除方法としては、違反箇所を訂正すると自動解除になります。

自分の中である程度あたりをつけて付けて、修正する必要があるのです。

やり方としてはGoogleが提供しているの品質に関するガイドラインがありますので、そちらに照らし合わせながら自分の書いた記事のどこがまずかったのか、見直す事になります。

 

 
ひろ

手動ペナルティと違い、再審査リクエストに送信する事ができないので、Googleのアルゴリズムの再評価が来るまで、解除されることはありません。

 

 

 

手動ペナルティの概要

手動ペナルティは、ペナルティの基準が基本的に一切公開されてません。

Google 検索エンジンの担当者が直接見ながら一つ一つ弾いていきます。

自動ペナルティであれば検索順位の変動で済みますが、手動ペナルティに関しては、最悪はインデックスの削除で圏外まで飛びます。

自動ペナルティよりも、重いペナルティということになります。

手動ペナルティを受けると、ウェブマスターツールに登録していれば通知が来ます。

 
ひろ

手動ペナルティは、通知が来てから検索順位が変動するので、ペナルティを受けた事がはっきり認識できます。

 

 

 

手動ペナルティの解除方法

手動ペナルティは通知は来ますが、具体的に修正す個所は示してきません。

総合的に見て自分が作った記事と 、Google が評価している記事との違いを自分で解決していく必要があります。

解除方法としては問題の箇所を修正して Google に再審査リクエストを送信します。

Google が再審査して受理されれば 解除されます。

再審査は何回しても問題ないので、解除されるまで何回もやる形です 。

放置していても時間が経てば解除されます。

しかし、一回解除されて更新した際にまたペナルティを受けた場合は重いペナルティになる可能性は高いです

 
ひろ

サイトを長く運営するなら試験問題箇所を修正して、再審査リクエストを送信することをお勧めします。

 

 

 

 

まとめ

ブログ運営を行う上で、Google の検索エンジンのペナルティは必ず避けなければいけません。

SEOで上位表示する為に、Google によるペナルティはどういうもので、どんな時に受けるのか最初に理解しておけば回避しやすくなると思います。

ペナルティの対象にならないように、この記事が参考になれば幸いです。

 

ブログ関連記事

[ブログの記事の書き方]早く書く為の3つのコツでスピードアップ

禁止のマーク
最新情報をチェックしよう!