【簡単】イラストを発光させるクリップスタジオの加算【発光】の使い方

あさかわ

この記事を読んで理解できるポイント

  • クリップスタジオでイラストを発光させる方法が解かる

 

 

雷や光をクリップスタジオで、発光させて表現してい人もいると思います。

そこでこの記事ではクリップスタジオの加算【発光】を使用して、イラストを発光させる方法が書かれています。

この記事を読めば、イラストを発光させる事が出来ます。

誰でも簡単に理解できるよう書かれているので、是非読んでください。

 

 

発光を使用したイラストメイキング

下記の動画が加算【発光】を使用したイラストメイキングの動画になります。

呪術廻戦の【五条悟】とNARUTOの【カカシ】を合体させて、雷切を発光させた動画です。

 

参考動画

イラストを発光させる4つの手順

発光させる工程は以下の手順です。

 

  1. 発光させる形を決める
  2. ガウスぼかし
  3. レイヤー加算(発光)
  4. トーンカーブ

 

 

発光させる形を決める

発光させる形を決めましょう。

新しいレイヤーを作り、発光させる形を作ります。

使用する色は、薄い彩色の色を使用すれば、強く色を発光させる事が出来ます。

 

参考図

 

ひろ
このイラストは手を中心に、エネルギーが出てるイメージで描きました。

 

 

 

 

ガウスぼかし

発光させる形が決まったらガウスぼかしで、ぼかす範囲をきましょう。

ガウスぼかし  フィルター ➡ ぼかし ➡ ガウスぼかし の順番です。

 

ガウスぼかしの参考図

 

 

 

ガウスぼかしの参考図

 

ひろ
ぼかす範囲を右に移動させるとぼかしが強くなります。

 

 

 

レイヤーを加算(発光)させる

ぼかした範囲を加算【発光】させます。

 

加算(発光)  ① ガウスぼかしで、ぼかしたレイヤーをコピー ➡ ② コピーしたレイヤーに加算(発光)を選択する。

 

加算(発光)の参考図①

 

 

もう一つ加算(発光レイヤーを作る)

より強く発光させるために、もう一つレイヤーを作ります。

大きい発光に加えて、細かいラインの発光を加える事により、見栄えが良くなります。

小さい発光は濃い彩色を使用します。

 

 

加算(発光)の参考図②

 

 

 

ひろ
加算(発光)の参考図①と同様にレイヤーをコピーさせて発光させましょう。

 

 

加算(発光)の参考図③

 

 

 

 

 

トーンカーブ

より強い光を演出する為に、加算(発光)させたレイヤーにトーンカーブを加えます。

彩色に使ったレイヤーを選択して結合させます。

トーンカーブはイラストの最終工程の為、レイヤーを結合させて色のバランスを整えるのに使用する。

 

 

トーンカーブ参考図①

 

 

トーンカーブ  編集 ➡ 色調補正 ➡ トーンカーブ

 

トーンカーブ参考図②

 

 

ひろ

トーンカーブが表示させたら、折れ線で好みの彩色のバランスを取ります。

 

 

トーンカーブ参考図③

 

 

 

トーンカーブ参考図④

 

 

ひろ
トーンカーブを使用したことにより、発光の見栄えが良くなった事が解ります。

 

まとめ

クリップスタジオでイラストを光らせる加算【発光】の方法を記事にまとめました。

簡単に理解できたと思いますので、加算【発光】を利用して、色々な表現方法を楽しみましょう。




関連記事

【簡単にアニメ作れます】クリップスタジオのアニメーションの作り方

 

【カメラワークの使い方】クリップスタジオのアニメーションの作り方

 

クリップスタジオのPROとEXの機能の違いを表で解かりやすく解説

 

【簡単】クリップスタジオで写真からアニメのような背景を作る方法

 

YouTube【イラストメイキング】の動画の作り方と撮影道具を紹介

最新情報をチェックしよう!