初心者が1年間30秒ドローイングを継続した効果を経過とともに解説

ノートとペン
ひろ
この記事で理解できるポイントです
  • 30秒ドローイングのおすすめのポイントが解る
  • 初心者が、1年間30秒ドローイングを行ったら、絵はどれ程上達するのか理解できる

 

 

人物のポーズを、描けるようになりたい人もいると思います。

人物のポーズを描けるようになるには、30秒ドローイングを利用するのが効果的です。

30秒ドローイングとは無料で、ポーズの描き方を練習ができるサイトです。

そこでこの記事では、私が1年間にわたり30秒ドローイングを利用して気が付いた点や、効率的にポーズを描ける方法をまとめました。

30秒ドローイングを始めた頃から、1年後に描いた絵のポーズの画像を載せて解説してあるので、参考になると思います。

誰でも簡単に理解できるように書いてあるので、ぜひ読んでください。

 

 

 

30秒ドローイングのおすすめポイント

30秒ドローイングとは3Dのデッサン人形を、決められた秒数で色々なポーズで、人物のデッサンが練習できるサイトです。

その決められた秒数の中で、人体のポーズを描き、慣れてきたら秒数を短くして、ポーズを早く描けるように練習していきます。

 

ひろ
30秒ドローイングには、色々なポーズを練習する他にも、設定できるポイントがあるので紹介します。

 

  • 秒数は30秒の他に45秒・60秒・90秒と時間を止める設定が選べる
  • 人体は男女を選ぶことが出来る
  • 人体の他にも手と足のポーズも練習できる
  • ポーズを選択して描く事ができる

人物のポーズを練習する上で、これだけの設定を選び、デッサンの練習ができるので、これから人物のポーズを練習したい人にはおすすめのサイトです。

 

 

 

初心者が1年間30秒ドローイングをした記録

初心者が1年間30秒ドローイングをした経過を、初期の絵・半年後の絵・1年後の絵の3つの経過に分けて解説します。

 

初期の絵

始めた頃の絵
始めた頃の絵

上の画像が30秒ドローイングを始めたばかりの絵です。

秒数は決められるのですが、私は30秒の設定のまま変えずに、1年間毎日練習してきました。

30秒の間に人体のポーズを描かなければいけないので、絵は雑になりで、30秒を過ぎてばかりでした。

今見ると相当下手ですが、当時はこれが精一杯でした。

 

 

 

半年後の絵

半年後の絵
半年後の絵

上の画像が半年間30秒ドローイングした絵です。

まだまだ下手ですが、ポーズに慣れてきて、1枚の紙に多くのポーズが描けるようになりました。

 

ひろ

ポーズを練習する上で、最初の頃とやり方を工夫して、描いたポイントがあるので説明します。

 

 

 

 

青ペンで書く

最初の頃はシャーペンで描いていましたが、青ペンで描くようにしました。

青ペンは、シャーペンや他の色のペンに比べ集中力を上げ、リラックスさせる効果があると知ったからです。

実際に青ペンを使用すると、集中して描けました。

今では絵を描く以外にも、普段ペンを利用する時も、全て青ペンを利用しています。

集中力を上げて書くときは、青ペンがおすすめなので、ぜひ活用して下さい。

 

ポーズを想像だけで描けるように意識する

30秒ドローイングで表示されるポーズを、初見で全体を把握して、後は想像で描くようにしました。

私の理想としては、何も見ずにポーズが描けるように、なりたかったからです。

ポーズを想像だけで描けるように意識することで、早く描けるようになり、何も見ずに簡単なポーズは描けるようになりました。

 

 

 

 

1年後の絵

1年間練習した絵
1年間練習した絵

上の画像が1年間30秒ドローイングした絵です。

ポーズの絵が小さく描かれるようになり、均等に描かれいる事が解ります。

1年間継続した結果としては、時間に追われる事なく、30秒ドローイングのポーズを、何も見ずに想像だけで、描く事が出来るようになりました。

しかし、まだまだ納得いかない絵です。

このレベルに辿り着くのに、約8か月かかりました。

それから6ヶ月描いて、1年と2ヵ月が経過しましたが、これ以上ポーズは上達しませんでした。

 

 

 

1年間30秒ドローイングをして気が付いた事

1年間30秒ドローイングをして気が付いた事は、30秒という限られた時間だけで描くのではなく、時間を停止させて描く事も重要だと気が付きました。

30秒という限られた時間に追われながら描くと、どうしても筋肉や骨の細かい場所まで描けず、大まかなポーズだけ描く事になります。

ひろ
時間を止めて書くことも重要

 

 

 

まとめ

1年間ポーズの練習をしてきて気が付いた事は、1年間30秒ドローイングをすれば大体のポーズは描けるようになる事です。

30秒ドローイングで練習する時は、30秒の設定だけではなく、停止した時間も選んで練習すれば、よりリアルなポーズが描けると思います。

30秒ドローイングの時間設定を上手く利用しながら、リアルなポーズを描けるように練習しましょう。

 

イラストの描き方関連記事

[コピックチャオスタート72色セット]塗り方を絵にそって解説

【イラストの一発描きの描き方】一発描きが上手い人の描き方と練習方法

 

ノートとペン
最新情報をチェックしよう!