【SNSの種類と特徴】SNSのメリットとデメリットを解説します

  • 2021年12月10日
  • 2022年1月9日
  • SNS
  • 12view
SNSの種類
ひろ
読者の理解できるポイント

・SNSにはどんな種類と特徴を知りたい人

・SNSのメリットとデメリットを知りたい人

 

SNSに多くの種類があり、SNSを始めるにあたり、どんなSNSがあるのか認識する事はとても勉強になります。

この記事ではSNSの種類と特徴、どんなメリットやデメリットがあるか解説してあります。

誰でも簡単に理解できるよう解説してあるので是非読んでください。

 

 

 

SNSは人間関係を構築するシステム

SNSとは「Social Networking Service」の略でインターネットを介して人間関係を構築するシステムです。

現代では毎日SNSを多くの人が長時間活用しています。

その過程でSNSを活用する事は、テレビCM を利用するより大きな利益を生むことができます。

ひろ

自分の広めたい商品やサービスはどの年齢層で、どのSNSを活用すれば良いのか見定めましょう。

 

 

 

 

 

SNSの種類

SNSには大きく分けて6種類あります。

  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Tiktok
  • LINE
ひろ
それぞれ解説していきます!

 

 

 

Twitter

国内のユーザー数が4,500万人以上

10代~40代の年齢層のユーザーが多いです。

匿名で140文字の短い文章を自由に投稿できるシステムで、ユーザーと簡単にコミュニケーションが取れ、拡散力が高い特徴があります。

Twitterは他のユーザーの投稿を再投稿できるリツイート機能があり、多くのユーザーに興味のある投稿はSNSの拡散を大幅に上げます。

ひろ

人気のあるツイートはトレンドになる事もあり、バズって他のメディアに取り上げられ大きな話題を呼ぶ事もできます。

 

 

 

 

 

YouTube

国内のユーザー数が 6,500万人以上

国内で10代から60代以上のユーザーが多くSNSです。

YouTubeは文章や画像ではなく動画の為、広めたい情報を詳しく魅力的に発信する事ができます。

動画が関連動画や急上昇動画にピックアップされると再生数が大幅に上がります。

 

ひろ
現在は配信者が増えて、新規でYouTubeで収益化を図る事は困難な状況です。

 

関連記事

YouTube検索で自分の動画を再生されやすくする6つのポイント

 

 

 

Instagram 

国内のユーザー数が3,300万人以上

20代~50代のユーザー数が多く、主に女性に人気のSNSです。

写真や動画を通したコミュニケーションを目的としたSNSのため、企業のブランドや世界観が伝わりやすい特徴があります。

またマーケティングする上では投稿に付けるハッシュタグを利用します。

 

ひろ

ハッシュタグは投稿内容を表すもので、ハッシュタグを有効活用する事で多くのユーザにリーチする事ができます。

 

 

 

 

 

Facebook

国内のユーザー数が2600万人以上。

30代から40代の高い年齢層のユーザーが多いです。

実名を使用しなければいけないSNSで、学歴や仕事やライフスタイル等の情報が解る信頼性の高いSNSです。

 

ひろ
またシェアを活用することで拡散力が上がるSNSです。

 

 

 

 

TikTok

国内のユーザー数が1000万人以上

10代~20代のユーザー数が多いです。

1分の動画配信と共有が可能なモバイルアプリです。

YouTubeと違い短い動画配信で、自動的に再生されるため、フォロワーや再生数が簡単に稼げます。

ひろ
若者が多く活用してる事と新規のSNSのため、SNSの中で一番利用しやすいです。

 

 

関連記事

Tiktok再生回数が0になるシャドウバンの4つの理由と対処方法

[Tiktok]イラストメイキングのタグで「いいね」を増やす方法

 

 

LINE 

国内のユーザー数が8,400万人以上

10代から60代以上のユーザーが多く、日本最大のSNSです。

LINEには個人や企業で公式のアカウントを作る事ができます。

LINE公式アカウントを利用しYouTubeやブログをアップする際に、友達に呼びかける事で一定数の再生回数やPVを得られます。

ひろ
LINEマーケティングを始めるなら、まずLINE公式アカウントの友達を増やすことを目標としましょう。

 

 

 

 

SNSのメリット

SNSは集客する必要がなく無料で活用でき、発信するだけで多くのユーザにリーチができるメリットがあります。

 

 

既に集客されている場所を利用できる

マーケティングを始めるには人を集客する必要があります。

しかしSNS上では既に人が集まった場所で、マーケティングを始めるため集客する必要がありません。

人が居ない場所でマーケティングするよりも、既に集客されている場所でマーケティングをした方が効率的です。

大手のSNSには利用客が多く、そこから見込み客を獲得するチャンスもあります。

ひろ

SNSでマーケティングをする事は大きなメリットなのです。

 

 

 

 

 

無料でアカウントを作成して運用できる

SNSは無料で利用する事ができます。

無料で大きな利益を出すWedマーケティングでは大きなメリットです

 

ひろ

初心者の方は最初はビジネスで始めるのはなく日常生活や画像を載せて、一般的な利用方法でそれぞれのSNSを始めれば良いと思います。

 

 

 

 

 

簡単に利用でき拡散力が高い

SNSは自分の意見を発信する目的で作られてる為、ユーザーは一般利用者がほとんどです。

一般向けのため使い方も簡単であり、初心者でも実践としてマーケティングに利用できます。

 

ひろ
Wedマーケティングはインターネットを駆使して一度で多くのユーザーを獲得するメリットがあります。

 

 

 

 

SNSのデメリット

SNSは他社の媒体の為、SNS上でマーケティングを行うとリスクが発生する恐れがあります。

ひろ
その理由を説明します!
 

 

 

 

 

SNSは他社の媒体

SNSのプラットフォームを利用する場合は、SNS上の規約変更を受けるデメリットがあり、アカウントを削除される危険性があります。

そしてTwitterのフォロワーのアカウントが乗っ取られて凍結してしまった場合に、全てがゼロになる事もあります。

ひろ
SNSは他社の媒体であり、リスクがある為に依存しない方が良いです。

 

 

 

 

SNSは窓口

SNSは緩い感覚で利用している人が多いため、SNS上で売り込みを行っても効果はあまりありません。

 

ひろ

SNSはあくまでもマーケティングをする上での窓口とだけ捉えるべきです。

その窓口から独自のWedサイトやメルマガに誘導する流れが合理的です。

 

 

 

 

 

 

まとめ

SNSで自分の広めたい商品やサービスは、どのSNSを活用すれば効果的か見定める必要がある

SNSは集客する必要がなく無料で活用でき、発信するだけで多くのユーザにリーチできるメリットがある

SNSは他社の媒体のため、あくまでも窓口と捉えてユーザーを自分で管理しやすWedサイトやメルマガに誘導する目的がある

 

SNSの種類
最新情報をチェックしよう!