YouTubeに動画を配信する為に必要な5種類の撮影道具を解説

ユーチューブ
ひろ
この記事で解るポイント
  • YouTube動画を配信すために、必要な撮影道具が解る
  • 動画のクオリティを上げるための、撮影道具の種類が解る

 

 

これからYouTubeに動画を配信する為に、どんな撮影道具が必要なのか知りたい人もいると思います。

私はYouTubeに【あさかわノート】のチェンネルで動画投稿しています。

あさかわノート イラストメイキング メインチャンネル

この記事はYouTubeに必要な、撮影道具がまとめられた記事です。

誰でも簡単に理解できるように書いてあるので是非読んでください。

 

 

 

 

 

カメラ

カメラ
カメラ

動画を撮影すのにカメラは必ず必要です。

ひろ

動画を撮影するのにスマホだけあれば十分ですが、更にクオリティーを上げて撮影す方向けにカメラの種類を説明します。

 
 

 

 

スマホ

スマホは撮影した動画は、YouTubeに投稿することが出来ます。

スマホは誰でも持っていますし、機材代もかからず編集も簡単にアップロードできます。

最近のスマホは画質がよく高画質で録画できます。

ひろ
動画編集も無料でアップロードをするものもあり、それを利用すれば最低限の予算で始められます。
 
 

 

 

 

一眼レフ 

一眼レフは高画質で撮影することが出来て、撮影する状況に応じてレンズも交換する事が出来ます。

一眼レフはピントを合わせる事ができ撮影したい箇所に集点を合わせる事によって、周りをボヤかすフォーカス機能が付いています。

スマホのカメラは全体にピントが合ってしまう為にクオリティーが低くなります。

ひろ
部屋とか殺風景な場所で撮影する時は、フォーカスがとれるカメラを選ぶ事をお勧めします。
 
 

 

 

 

レンズ

部屋での撮影では簡単にフォーカスがしやすい18mm~30mmのレンズがお勧めです。

 

 

 

ビデオカメラ

ビデオカメラは一眼レフのようにレンズを変える必要がなく、ズーム機能が搭載されています。

またビデオカメラは片手で撮影できる構造で作られてる為、手ブレする事を最小限に抑え撮影することが出来ます。

そのため移動しながらの撮影には適しています。

ひろ
長時間移動しながら撮影する時はお勧めです。
 
 

 

 

 

アクションカメラ

アクションカメラは超小型で軽量で防水機能が備えられた作りになっており体に取り付けて撮影する事もできます。

その為耐久性が強くアクションシーンやアウトドアの撮影をする際はお勧めです。

アクションカメラは小型の為に、長時間の撮影は不向きです。

ひろ
アクションカメラをメインで撮影するのではく、あくまでもサブ的な使用にしてメインは別のカメラで撮影する利用方法が適してます。

 

 

 

 

マイク

マイク
マイク

部屋で撮影する時はスマホでも音は十分に取れますが、屋外で撮影する時は工事や他の雑音も録音してしまうため、動画の視聴しているユーザーのストレスが溜まってしまいます。

ひろ
トーク系の動画を撮影する時はマイクは重要です。

 

 

 

 

ショットガンマイク

ショットガンマイクは向けた方向の音だけ拾うことに特化してるマイクです。

ひろ
屋外で撮影る時に工事音や他の雑音が入らないよう撮影する時におススメです。
 
 

 

 

ピンマイク

ピンカメラマイクは撮影される対象の人が、直接所持して扱うものです。

撮影される対象者が移動する際に、その音を常にキレイに録音できるとはかぎりません。

テレビレポーターの様に常に移動して撮影する時は、ピンマイクがおススメです。

 

ひろ
またショットガンマイクより音がキレイに取れます。価格が2万円程するので予算を考えてから使用してください。
 
 

 

 

ハンドマイク

ハンドマイクは人の声を録音する事を目的としたもので、音の質が優れています。

ひろ
ハンドマイクは撮影されることを前提に作られてる為デザイン面も豊富にあり、動画のクオリティーを上げるのに効果的です。

 

 

 

 

三脚

三脚
三脚

スタンダードタイプの三脚には通常のカメラ用三脚とスマホを取り付けるホルダーのセットから構成されます。

ひろ
三脚を既に持っている人ならスマホ用のホルダーのみ購入すれば良いです。

 

 

 

 

自撮り棒

初心者のYouTuberが愛用されています。

ひろ
自撮り棒に三脚が付いているタイプもあり屋外で撮影す際に必要に応じて撮影スタイルを変える事が出来ます。

 

 

 

フレキシブル三脚

タコ足のような三脚で足の部分が自由に曲げる事が可能な三脚です。

ひろ
地面に置くことは勿論ですが手すりや足場の不安定な場所でも活用できる事が特徴です。

 

 

 

 

ミニ三脚

ミニ三脚はテーブル三脚と呼ばれている小さいタイプの三脚です。

ポケットやカバンに収納出来る事が特徴です。

ひろ
軽量のため足を延ばすと不安定になるので倒れる恐れがあります。

 

 

 

 

ライト

ライト
ライト

ライトは雰囲気作りや画面のキレイさが重要になるので、クオリティーを上げれば離脱が減ります。

 

 

アンブレラライト

アンブレラライトとはストロボ等で発行した光の質を柔らかくしてくれるライトです。

ストロボに直接あたった光は被写体が固い仕上がりになります。

ひろ
アンブレラライトを使用すると光を広範囲に広げる事で、光を柔らかくする効果があります。そのため肌がキレイに表現する事が出来ます。

 

 

 

 

ソフトボックスライト

ソフトボックスライトは光をボックスの中で拡散して真っ直ぐに光を照射するライトです。

そのため周囲の光の影響を受けることなく直接被写体照らすことが出来るライトです。

ひろ
アンブレラライトより固い光が特徴です。
あさかわ

 

 

 

 

リングライト

リングライトは主に自撮りや動画撮影で使われる円形のライトです。

被写体全体に光を当てるため影がでにくい使用になってます。

広範囲の光のため屋内や屋外どちらでも活用することが出来ます。

 

ひろ
近年ではリモート会議でのビジネスシーンでも活躍してるライトです。

 

 

 

 

編集ソフト

編集ソフト
編集ソフト

撮影した動画のままでは、どうしても無駄な間が入りユーザーにストレスを与える原因に繋がり離脱率が増します。

ユーザーの満足度を上げる為にも編集ソフトは必須です。

編集ソフトに付きましては、下記の記事に詳細が記載されてますので確認お願いします。

 

動画編集の詳細記事

【おすすめの動画編集ソフト7選】編集ソフトを買う時の3つのポイント

 

 

まとめ

スマホ一台でもYouTuberになれますが、特別な演出や効果を取り入れクオリティーを上げる為には他にも機材を準備する必要があります。

5Gに移行して、これから更に動画の世界は発展していきます。

時代に乗り遅れない為にも、どんな機材を扱って動画を作成しているのか抑えましょう。

 

 

関連記事

YouTube【イラストメイキング】の動画の作り方と撮影道具を紹介

ユーチューブ
最新情報をチェックしよう!